コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門

戻る

(「旧字旧かなの本は作れるのです!」改題)

PDF版は無償公開のため、どなたでもダウンロード出来ます。パスワードは不要です。

ダウンロード

おまけ

正漢字番附表 ダウンロード (主な旧字→新字の一覧を、相撲の番付方式でまとめました)

コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門 コミティア124おまけペーパー ダウンロード (正誤表に追加した以外は、「技術書典4」版のペーパーと同じです)

コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門 静岡文学マルシェ2おまけペーパー ダウンロード

コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門 おもしろ同人誌バザール・プチ2018夏 おまけペーパー ダウンロード(1ページ目からは「安倍なつみの尻尾」、16ページ目から逆に「現代かなづかい前史」ほかの両方を掲載)

参考サイト

 「旧字」「旧かな」とは何か、かなの書き分けにはどんな意味があるのか、現代の言葉として使用する人の動機などについての詳しい解説は、みんなのかなづかひのサイトもご覧下さい。「コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門」では紙面の都合で割愛した説明もいろいろあります。

改版履歴

第六版(2018/05/30):「契冲」の項で、Windows 10 April 2018 Updateで言語設定がコントロールパネルから「設定」に移動したので修正。「Japanist」の章を追加。p8「植える」→「植ゑる」に、p9「約千年にわたる研究」→「約八百年にわたる研究」に、p22「そゝゝゝ」→「そこゝゝ」に、p25の「游ゴシック 游明朝フォントパック」のサイトを英語版から日本語版に入替、p53に「ATOK for Android通常版」で正字正かな辞書がインストールできない(可能性が高い)旨追記、p57で選択可能な箇所の誤りを修正、p58の枠のずれを修正、p62「JSON」→「CSV」に、p98の「明治33(1900)年」には教科書がすぐに変更されたのではないらしいので「~になる事が決まりました」と文面修正、その他細かな文面の改善。

第五版(2018/04/22):全体的に改訂。「旧字」「旧かな」の解説を更新、「明治~昭和の旧字旧かな文書」のページ数を増加、Mac、Android、iOSでの旧字旧かな入力、契冲のインストール方法、最新のTeXの情報など。また、TeXで游明朝は、旧漢字の使用可能なフォントとしては難ありなので文面修正。

第四版(2017/05/07):P4 「制限された漢字に別の漢字を宛てる」の例をより適切な例に差替

第三版(2016/05/21):題名を変更、文字コードの解説を補充、「契冲」「旧字フォント」の章を追加、「GlyphConv」の章を新バージョンに合せて修正、その他細かな修正

第二版(2015/11/23, 2016/01/28):P5 反応く→反応が、P43 「『超漢字』で作成した旧字旧かなのPDFファイル」→「『今昔文字鏡』のフォントを使つた旧字旧かなのPDFファイル」、その他細かな調整や細かな文章の修正、表紙頁が抜けてゐたので修正(1/28)

初版第二刷(2015/11/01):p13の表「Illustrator」→「InDesign」に、pp66-67「新しい国語表記ハンドブック」の解説に重複する内容の余計な文章が付いていたのを削除